2017年4月16日 
ルミエール府中にて

昨年に引き続き、今年も開催します。 
「今、魂の話をしよう」 
~未来に向かう私達がするべきこと~ 


「胎内記憶」の研究者・池川明先生と、 
「筆談の詩人」神原康弥が今年も対談します。 

あなたのやさしさは どこから来ますか? 
あなたの明るさは どこから来ますか? 
今、魂は何と言っていますか? 

神原康弥は重度身体障がい者であり、身体は健常者のように動くことができず、

音声言語を使って話すことはできません。

脳が健常者のような発達過程を辿っていないため、潜在意識が優位にあり、一般の人が感じ

 

ること以上のものを感じることができると言えるのかと思います。


魂、人の心の奥底にある思い、課題、生死観、生き方、エネルギー、宇宙 etc. それらの

 

メッセージを指談で母親である神原ひで子が皆様にお伝えしていきます。

康弥の、核心をついた、そして私たちが真に豊かに生きるために大切なメッセージが、

 

出逢った人を感動させ、ついた垢のようなものを削ぎ落とし、衝撃を与えています。

昨年開いた「今、魂の話をしよう」は、満席になり、席をご用意できずお断りをしたほどの

 

反響がありました。

今年は、500名に大幅増席。


第二弾は、見えないけれど、私たちが生きる上で、未来を創造していく上で、

 

大切な根幹の”魂”について、よりフォーカスしてお伝えしていきます!

また、相模原の施設で起きた悲しい事件。実は彼もこちらと縁があり、思いが強くありました。

 

事件から少し時間がたった今、やっと心が落ち着いてきたそうです。


「障がい者の隠された能力や神秘性」や「私たちがわかり合うために必 要なこと」

 

をしっかりと伝えていきたいと望んでいます。

障がい者、健常者と私たちは分けて考える傾向がありますが、健常者でも、国の違い、年代、

 

立場、性格、好きなこと、一人ひとりがそれぞれユニークな存在であるように、そこには個性の

 

違いがあるだけです。

このことを理解すると、私たち一人ひとりが自分自信や周りの人の価値を認め、好きになり、

 

豊かに暮らしていけるのではないでしょうか?物質に溢れ、「もっともっと」「利益」を追求する

 

現代。本当に幸せに生きる生き方を見つけることができるお話を是非、

 

生で感じてみてください。

【日時】2017年4月16日(日)11:00~14:45 

【会場】ルミエール府中 コンベンションホール飛鳥 


【定員】500名 


【チケット】 
大人 前売り4500円 当日5500円 
小中学生・障がい者・付き添い 2500円 
未就学児 無料 


【お申し込み】 
こくちーず ⇒こちら 
FAX 042-346-9685 
(氏名、メールアドレス、電話番号、チケットの種類と枚数をお知らせください) 


​facebook イベントページ⇒こちら

イベント当日への思いなどを、Facebookで動画アップしています。
​よろしければ、ご覧ください


※参加費の事前振り込みをお願いしています。

 入力されましてから7日以内に以下の振込先に参加費の振り込みをお願いいたします。 

【振込先】多摩信用金庫 小平支店(普)3590376 チームKOU カンバラヒデコ 

【スケジュール】 
11:00 開会のごあいさつ 
11:15 ゲストスピーチ 
12:15 休憩(30分) 
12:45 マリンバ演奏 
13:20 池川明先生×神原康弥対談 
14:05 質疑応答 
14:40 閉会のごあいさつ 

15:00~16:30 懇親会(同会場にて。参加費1500円、先着60名) 

【お問い合わせ】 
090-2148-2673 チームKOU 渡邉 
chiimukou@yahoo.co.jp