古代人にとっては、全ての自然が神であった

古代人にとっては、全ての自然が神であった。

災いを恐れるあまりに、祈ること、願うことの対象が必要であった。

その時に、人間にとって大きなもの、偉大なもの、が神であった。

偉人、尊敬に値する人物、または自然が織りなす美しい存在、

人間の命を司る穀物、植物、そして太陽、月、そのようなものが

神のシンボルとして存在した。

しかし、それはあながち間違いではないと思う。

宇宙根源が作り出す全ての物が、神である。

神は、万物を作り出す。

愛を作り出す。悪を諫める。

人々は、誰に教わることなく、必要な祈りを長い間継承してきた。

古代人にとっては、全ての自然が神であった。

災いを恐れるあまりに、祈ること、願うことの対象が必要であった。

その時に、人間にとって大きなもの、偉大なもの、が神であった。

偉人、尊敬に値する人物、または自然が織りなす美しい存在、

人間の命を司る穀物、植物、そして太陽、月、

そのようなものが神のシンボルとして存在した。

しかし、それはあながち間違いではないと思う。

宇宙根源が作り出す全ての物が、神である。

神は、万物を作り出す。

愛を作り出す。

悪を諫める。

人々は、誰に教わることなく、必要な祈りを長い間継承してきた。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square